×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ口臭は発生するの?

なぜ口臭は発生するの?

そもそも口の臭いはなぜ発生するのでしょうか?

 

そもそも「口臭」は、口中のバクテリアにより発生するガスと、臭気のあるガスとが混合して臭いとなります。
肺から上がってくるような悪臭は、強い匂いの食べ物の臭気が元となっています。ニンニクなど臭いの強いものやアルコールなどの臭いです。

 

口臭の強い人は、口腔内のバクテリアが多くなっていることが原因となっています。お口のケアによってバクテリアを除去することが口臭予防になります。

 

口の渇きがが口臭の原因となる

口臭は、唾液の分泌が少なく口が渇くことでニオイが強くなるといわれます。
「ドライマウス」は唾液の分泌が減少して口の中が乾く症状ですが、このところ20・30代といった若者に増えているとこいうことです。

 

ドライマウスの原因は食生活や睡眠不足、ストレスなど生活習慣に関わっています。口が渇くことで、口臭だけでなく、むし歯や歯周病などにもつながる可能性があります。

 

生活習慣の見直しや口内オーラルケアで口の乾きを防止して、口臭を予防しましょう。